前へ
次へ

油が健康食のカギを握る

オリーブオイルは主に地中海食に使われていますが、地中海食と和食の食材とは似ています。
魚や野菜、スープなどを摂取していて、若年層には地中海型食生活が、長寿の地域では和食が有用なので、二つのスタイルからいいとこ取りをした考え方もアリではないでしょうか。
素材は全てがオーガニック、最近は油に着目して健康食が提供されています。
アマニオイル、えごま油など、オメガ3オイルも健康食に代表される成分です。
チーズや牡蠣のオイル漬けはもちろん、ハーブを漬け込むだけで香りが油にうつり、そのハーブも様々なお料理に使えます。
ハーブソルトにすれば、うま味をしっかり堪能でき、他に何の味付けもいらず、シンプルながらも本来の食材の味を噛みしめることができます。
地中海食では白身魚がメイン、魚の臭み取りに振りかけたり、野菜のソースで煮込むときには野菜をオリーブオイルで炒めたり、魚を茹でるときは水、材料と少量のオリーブオイル、ハーブソルトを垂らすのだそうです。

Page Top