前へ
次へ

健康食アドバイザー資格について

健康食アドバイザーは三大生活習慣病とされる「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」を抑止するための食事改善

more

健康食としての青汁はかなりお勧め

少しでも健康になりたいと言うのであれば食事に関して注意を払うべきであると言えるでしょう。
健康

more

油が健康食のカギを握る

オリーブオイルは主に地中海食に使われていますが、地中海食と和食の食材とは似ています。
魚や野菜

more

健康食とされる納豆の食べ方の注意

ご飯のお供としてよく知られているのが納豆です。
現在は茨城県が生産日本一として知られていますが、元々は全国で作られて全国で食べられていたようです。
ただ東日本ではよく食べられていて西日本では苦手な人が多い状況があり、関西の納豆メーカーが臭わないタイプの納豆を開発するなどいろいろ苦労しているようです。
納豆は独特の臭いと粘りがあり、それが原因で苦手意識を持つ人が多いです。
好きな人でも臭い自体は感じていますが、給田時のおいしさや食感を知っているので食べる前の臭いはあまり気にならないのでしょう。
自分が食べる納豆の臭いは気にならないが、他人が食べる納豆は臭くて気になる人はいるでしょう。
好き嫌いが激しい納豆ですが、健康食の代表のように言われることがあります。
医師が健康のために食べると良い食べ物中で常に上位に入り、医師自身も食べる人が多いようです。
材料である大豆の栄養分の他、納豆独特に含まれるナットウキナーゼと呼ばれる成分が健康食となるのに一役買っています。

静岡県浜松市で評判の理美容店はこちら

では納豆をどうやって食べることが多いかですが、通常はパックに入っている納豆を器などに入れ、さらに添付されているたれやからしを入れてしっかり混ぜるでしょう。
そして熱々のご飯にかけてご飯と一緒にかきこみます。
たれやからし以外にも刻んだねぎを入れたり、生卵を一緒にかき混ぜるなど食べ方は色々あるようです。
しかしせっかく健康的な食品である納豆をあまりよくない方法で食べる人もいるようです。
まず熱々のご飯にかけて食べる方法は良くありません。
ナットウキナーゼは熱に弱く熱々ご飯だと効果を失うことがあります。
冷ご飯でなくてもいいですが、50度以下ぐらいの温かさのご飯にかけて食べると良いでしょう。
また生卵と混ぜて食べるのも良くないとされています。
生卵の白身との相性が良くなく、栄養成分の効果を減らしてしまいます。
生卵を混ぜるなら黄身の部分だけを分けてかき混ぜるようにすれば栄養分をきちんと得ることができます。

Page Top