前へ
次へ

健康食アドバイザー資格について

健康食アドバイザーは三大生活習慣病とされる「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」を抑止するための食事改善法の実践や指導を行うことができる資格です。
健康食アドバイザーの具体的な役割は食材選びの指導や、栄養素の吸収率を高める食べ合わせの指導等です。
また塩分や糖質・コレステロールを制限しながら美味しく食べられる調理テクニックの伝授も大切な仕事となります。
健康食アドバイザー資格を取得するためには、日本能力開発推進協会が指定するカリキュラムを終了する必要があります。
このカリキュラムは当該協会指定の認定機関が実施する教育訓練に参加することで修得できます。
そして資格試験は全カリキュラムを終了後に在宅にて随時受験可能となります。
試験に合格するためには70%以上の得点率をあげる必要があるので、しっかりと学習し試験対策を怠らないことが大切です。
健康食アドバイザーの持つ知識は医療・福祉関係機関はもちろんのこと、美容業界や飲食業界でも重宝されます。

Page Top